40代~50代で老前整理を始めミニマリストになる!進め方のコツ - 福岡エコサービス

40代~50代で老前整理を始めミニマリストになる!進め方のコツ

40代の女性

40代や50代で老前整理を始めるのは、本当に必要なことなのか気になるものです。必要なものだけに囲まれて暮らすミニマリストと呼ばれる人は、どのようなきっかけで物の整理をしたのでしょうか?

この記事を読んでもらうと、40代~50代で老前整理を始めるきっかけや進め方のコツがわかります。20~30代では感じなかったものの、中年世代になると漠然と「このまま物を片づけなくて良いのか?」と思う時が増えます。まさに、老前整理について興味を抱き始める時期です。

物の整理をしなくてはと思い始めた時に、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも老前整理とは?

片づいた部屋

老前整理とは、読んで字のごとく老いる前に整理をすることです。身の回りの物を処分するだけではなく、人間関係を整理する意味もあります。

インテリアコーディネーターの坂岡洋子氏が、仕事に携わる中でものが多すぎることに注目し、「老前整理」という言葉を提唱しました。要らないものを整理することで、生き方まで変えられるという考え方はですが、「断捨離」「終活」と共に「老前整理」も周知されるようになっています。

生前整理と老前整理の違い

「生前整理」と「老前整理」は、同じものではありません。ポイントは、誰のために行うかの違いです。

生前整理は自分だけではなく家族の負担も考慮して進めるものですが、老前整理は自分のために行うものとされています。

40代・50代と年を重ねるに連れて、自然と物は増えるばかりです。物に囲まれる暮らしを続けることの弊害を意識してみましょう。老前整理を始めてミニマリストになることで、老後の暮らしの負担をできる限り減らせます。暮らしやすくなると、身体的だけではなく精神的にも気楽に過ごせるメリットもあります。

老前整理を始めてミニマリストになったきっかけ

ターニングポイント

老前整理を始めると身の回りに必要なものだけに囲まれた暮らしになります。最低限のものだけを管理すれば済むので、ミニマリストとして暮らせるようになるわけです。

老前整理を始めるのに、そもそもどのようなきっかけがあったからでしょうか?

友人や身内の相続を聞いた時

一つ目は、相続の話を友人や身内から聞いたときです。中年世代で普段から相続のことを考えている方は少ないでしょう。しかし、身近で相続の話を聞くと、自分の時はどうなるのかと置き換えて考えるようになります。

ものが整理されているほど、相続の時に負担がなくなるのは確かです。相続の話題がきっかけになり、少しでも老前整理をしておきたいと考えるようになる方も少なくありません。

病気になった時

二つ目は、思いがけない病気になった時です。病気とは無縁と思っていても、年齢を重ねるに連れて発症することも珍しくありません。こうなると、身体のことを考えるようになり、身の回りを整理しておく必要があると自覚し始めます。

病気を経験してみて、いつどうなるか分からない危機感が現実的になり、老前整理を始めるきっかけになるわけです。

子供が社会人になった時

三つ目は、子供が社会人になった時です。親としての責任も果たし子供は家を出ていくので、精神的なゆとりも感じます。家の中で子供の部屋が空くわけですから、片付けがしやすくなるでしょう。

ゆとりができてから、老前整理を始めるという方も多くなっています。

40代50代の老前整理で捨てる際のコツ

コツ

老前整理を始めるきっかけをお伝えしました。ここからは、具体的に老前整理でいかにうまく捨てられるかのコツをご紹介していきます。

使う予定が決まっているものを残す

老前整理のコツは、「使える」「使えない」で分別するのではなく、

「使う予定が決まっている」物を残すことです。「使えるかもしれない」という判断にしてしまうと、結局出番はないままスペースの無駄遣いになってしまいます。

特定の日に使うことが決まっているものは、残しておくようにしましょう。「将来使うかもしれない」という判断にすると、物は減らせません。

大型の不用品から捨てる

片づけを始めた時、細々したものから処分して行くものです。手がつけにくい大型の粗大ごみや家具や家電となると、つい処分は先延ばしにならざるを得ません。

しかし、老前整理をするなら大型の不用品から捨てるのがコツです。なぜなら、大型のものほど処分すると空きスペースが確保でき、モチベーションがアップするからです。

大きいものや重いものほど、体力のある若い時に処分をする方が負担を軽減しやすくなります。そのためにも、40代や50代のうちに大型品から処分を計画するのがおすすめです。

もったいなくても使わない物は捨てる

使わないけれどもったいない気持ちがあって捨てられないものは、誰もがあるでしょう。しかし、もったいなさを主眼にしてしまうと老前整理はいつまで経っても終わらなくなります。

  • 購入時に高価だったもの
  • 大切なプレゼントだったもの
  • コレクションしたもの

上記のようなものは、捨てるのに迷いが生じやすいものです。しかし、迷っていること自体、使わないのは分かっているのではないでしょうか?

捨ててしまっても、もし必要になったら最新の物を買えば事足りるという気持ちでいるようにすれば、比較的捨てやすくなります。

まとめ

老前整理は、いくつかのきっかけがあり始めるようになります。いきなり、ミニマリストになりたいとはなかなか思わないのも当然です。家庭環境の変化など、40代・50代にはいろいろと対応すべきことが起こります。

それだけに老前整理を始める意思を持ったら、お伝えしたように捨てるコツを意識して進めてみてください。暮らしやすくするための老前整理を済ませておくことで、老後の暮らし方も変わって来るものです。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP