遺品整理を始める前にどうするのが良いのか?悩みを解決しておこう - 福岡エコサービス

遺品整理を始める前にどうするのが良いのか?悩みを解決しておこう

遺品整理 写真を観ている

遺品整理をしなければならない時、やがて遺品整理に迫られる時、どうするのが良いのかが分かっているという人の方が少ないでしょう。家族や身内を亡くして初めて、遺品整理をどんな風に進めればよいのかと悩みに直面するものです。

この記事を読んでもらうと、遺品整理を始める前にいろいろな悩みを想定してどうするのが良い対応となるのかが分かるようになります。遺品整理の悩みは、いろいろとあるものです。事前に遺品整理の時期・やり方・仕分けなどの不安を少しでも解決しておくと、遺品整理を進めやすくなります。

遺品整理でよくある悩み

悩んでいる女性の後ろ姿

遺品整理をしなければならない時に、よくある悩みがいくつもあるものです。遺品整理は、人生の中で度々行うものではないだけに、戸惑ってしまいどうするのか分かりにくいのも当然でしょう。よくある悩みとその答えをまとめてみました。

遺品整理とは?

家族や身内を亡くした時に、故人の使っていたものや遺産などすべてのものを整理することです。一般的には、故人が使っていた身の回りの品の整理をイメージする方が多いでしょう。

生活必需品や貴重品など故人にまつわるもののすべてを把握していかなくてはならないので、時間と手間がかかる作業です。

遺品整理の時期をどうする?

家族や身内を亡くして遺品整理に迫られると、時期をどうするのかも悩んでしまいます。遺品整理の時期は、いつが期限だと決められているわけではありません。しかし、法的に手続きを進めなければならないものは期日に合わせるようにせざるを得なくなります。

一般的に、遺品整理の時期は四十九日や百か日の法要を目安にして行うのが好ましいとされています。親族が集まるタイミングで、遺品整理の話し合いをしやすいことでトラブルを避けられるからです。

もし、賃貸物件に故人が住んでいた場合には、明け渡しの期限や家賃の問題もあるため、それよりも急いで行う場合もあります。

遺品整理の仕分けはどうする?

故人にまつわる遺品は、そうとうな数があるものです。遺品整理の仕分けはどうするのがおすすめなのかも、悩んでしまうでしょう。

遺品整理では、大きく以下の4つに仕分けしていきます。

  • 貴重品
  • 思い出の品物
  • 再利用する品物
  • 廃棄する品物

 

この中でも最優先で仕分けをするのが、貴重品です。銀行の通帳やキャッシュカード、クレジットカード、印鑑、年金手帳、有価証券、権利証、貴金属などは、まず捜索をして紛れ込まないように保管をしてください。

期日までに手続きをしなければならないものが、他の遺品に紛れ込まないようにしておきましょう。

思い出の品物は、貴重品とは限りません。かけがえのない思い出がある遺品は形見として残しておきます。写真やアルバムなど残しておきたいものは、そのまま残すほか、データとしてとっておくと場所を取らず扱いも楽になります。データ保存なら、たくさんの写真をまとめて残しておけるメリットもあるでしょう。

また、家電や家具など再利用ができるのものはリサイクル業者に買取してもらいましょう。家電リサイクル法の対象品目は、法律に沿ってリサイクルしなければなりません。

最終的に廃棄が妥当だと思うものは、思い切って捨てるようにしましょう。故人の残したものなので捨てるのには、抵抗感があるかもしれません。だからといってすべて残しておくのは、遺品整理が進まなくなるので割り切って捨てることも大切です。

遺品整理で再利用できるものを売るにはどうする?

遺品整理をしていると、再利用できるものが出て来るものです。家電や家具、宝石、骨董品などがいろいろなものが当てはまります。状態の良いものや購入から年数が経っていないものなら、売れやすくなるためです。

遺品をお金に換えるということに抵抗感を持つ方もいるかもしれませんが、現在では、廃棄するよりも買取をする業者も多数あるので、利用しやすくなりました。

  • リサイクルショップで売る
  • 遺品整理業者に買取してもらう
  • フリマアプリやネットオークションで売る
  • 買取専門業者に売る

遺品を再利用するためには、ご覧のような業者に買取をしてもらう方法があります。買取りしてもらう方法や業者によって強みがあるため、遺品の種類や数に応じて方法を検討するのがおすすめです。

遺品整理を自分で進められない時にはどうする?

遺品整理を自分で行う方法は、ゆっくり時間をかけて丁寧に扱うこともできる上に費用を抑えられます。一方、業者に依頼する方法は、遺品整理士の資格を持つプロに任せるので迅速で丁寧な作業をしてもらえるのがメリットです。

費用重視であれば自分で行うのがおすすめですが、多忙で遺品整理ができないとか、高齢なので遺品の仕分けや移動もできないなどの悩みがあればなかなか自力では対応できなくなります。

  • 自分で遺品整理をする気力や体力がない時
  • 急いで遺品整理を済ませなければならない時
  • 途中で遺品整理が進められなくなった時

このような事情がある時には、遺品整理業者への依頼を検討してみましょう。必ず、遺品整理は遺族で行わなければならないわけではありません。プロの手を借りる検討をするのが、遺品整理を終える早道というケースもあります。

遺品整理を業者に依頼する時の注意点

選び方

遺品整理を終えるためには、業者の検討も選択肢に入れる必要があります。ただ、業者を選ぶ際の注意点も頭に入れておくのが賢明です。

  • 費用がどれくらいかかるのか心配になる
  • 大切な遺品を粗末に扱われてしまう
  • 遺品を誤って処分されてしまう

いくら遺品整理のプロだといっても、初対面の業者が遺品整理を行うのはいろいろな悩みごとや不安があるのも当然です。遺品整理業者の品質は、一定の条件を満たしているわけではありません。サービス内容や料金、スタッフの質が業者によって差があるためです。

そのため、依頼する側にとれば、上記のような不安を持ってしまいます。できるだけ、良い業者を選ぶためには以下の注意点を意識しておいてください。

  • 遺品整理の実績が豊富
  • 事前の見積もりが明確
  • 遺品整理士が在籍している
  • 電話の問い合わせ時の対応が丁寧で分かりやすい

まとめ

遺品整理をしなければならないものの、どうするのが正しいやり方になるのかも事前に知っておくだけでもやりやすくなるものです。

想定される悩みを解決する手立てを知っておけば、一苦労することが多い遺品整理も少しでも対応しやすくなるのは確かです。遺品整理に直面して慌てて進めるよりも、事前の情報を仕入れておけば遺品整理の流れや進め方、費用の問題などが把握しやすくなります。

これから、遺品整理に迫られている方は、お伝えした情報を参考にして少しでも問題をクリアにした上で対応していくことをおすすめします。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP