遺品整理はいつから始めればいい?相応しい時期と優先度は? - 福岡エコサービス

遺品整理はいつから始めればいい?相応しい時期と優先度は?

葬儀を終えて間もない頃は、深い悲しみの真っただ中です。
そんな中でも、期限の決まった手続きを進めなければならないのはとても大変なことですが、家族を亡くすと避けては通れません。
遺品整理は人生に度々あることではないだけに、どんな風にしていいのかわからないものです。
そこで今回は、遺品整理の時期と相応しいタイミングを紹介していきます。

目次

  1. 遺品整理の時期とは?
  2. 遺品整理を行う一般的なタイミング
    1. 遺品整理に時期は「いつまで」と決まりはない
    2. 四十九日を終えた後
    3. 様々な手続きが終わった後
    4. 相続税の発生する時には早めの遺品整理を行う
  3. 賃貸物件の遺品整理は葬儀が終わってすぐに始める
    1. 賃貸契約書を確認する
  4. 遺品の物次第で時期が異なる
  5. まとめ

遺品整理の時期とは?

遺品整理を行う内容や手続きによっては期限が設定されているものもあるため、そちらに合わせて行う必要があります。
期限のない遺品においては、個々の事情により家庭ごとで遺品整理が行われています。
そのため、遺品整理は優先順位をつけて、適切なタイミングを判断するのが妥当だとされているわけです。

ただ、決まりが無いからと言っていつまでも先延ばしにはできないものもありますね。
ずっと故人の洋服や持ち物などをそのままにしておくのも、遺族にとっても気持ちの整理がつきにくくなるでしょう。

遺品整理を行う一般的なタイミング

「遺品整理をいつ行うのが良いのか?」と家族を亡くして深い悲しみの中にありながらも、焦る気持ちになりこのような悩みごとも浮かんでくるものです。
実際に、遺品整理に相応しい時期はいつごろなのかと疑問に思われるでしょう。

遺品整理に時期は「いつまで」と決まりはない

遺品整理は、「この時期までにしなければならない」という決まりはありません。
四十九日の法事や納骨など家々によって違いがありますが、落ち着いたころから始めることが多くなっています。

しかし、遺品に向き合って一つ一つ「捨てるもの」「取っておくもの」「形見分けするもの」といった仕分けをする気持ちにすらなれない人も少なくないのです。
遺品を見ただけで在りし日の姿が浮かんでくるため、深い悲しみの中にある時に、無理に期限を切ってやらなければならないものでもないので、ある程度の気持ちの落ち着きが感じられる頃が相応しいと言えます。

四十九日を終えた後

仏教では、故人が亡くなってすぐにはあの世に行かず、現世を四十九日間さまよっていると言われています。
そのため、初七日から七日ごとの供養があり、7回目に四十九日の法事を行うのが一般的です。

この頃は、遺族にとっても葬儀から様々な手続きを開始して、四十九日の準備に余念がない時期ですので、遺品整理のタイミングとしてはこの法要が終わって頃なら少しは心身のゆとりが出始めるでしょう。

四十九日では間に合わないと感じた場合には、百か日法要や、一周忌をめどに計画を立てるのもおすすめです。
ただ、形見分けをするのにふさわしいに時期は四十九日ですので、多くの親戚が集まる機会までにある程度の準備をしておくとよいでしょう。
あとあと、遺品整理や形見分けでトラブルを避けるためにも、親戚で相談をすることが望ましいです。

様々な手続きが終わった後

家族がなくなると雑多な手続きをしなければならなくなります。死亡届、年金や保険金、相撲に関する電気や水道、ガスなどの様々な手続きがそれぞれ必要になります。
この時点では、遺品整理を始めるというゆとりすらないことが多いのではないでしょうか?

優先順位を考えたときに、暮らしに直結する様々な手続きが終わってから、そろそろ遺品整理を計画するというのが普通です。

相続税の発生する時には早めの遺品整理を行う

遺品の中には、現金や有価証券、不動産など相続税が発生するものも含まれます。
そういったものの手続きは、煩雑になることもあり手続きをし始めてから日にちを要するものも珍しくありません。

そのためにも、遺品整理は前もって早めに取り掛からなければならなくなります。
相続の開始があったことを把握してから、10ヶ月以内に相続税の申告をする必要があるからです。
申告をするためには、故人の遺産がどれくらいあるのかを把握する必要があり、遺品整理が急務となる場合もあるので注意をしてください。

賃貸物件の遺品整理は葬儀が終わってすぐに始める

持ち家の場合には、物次第ですが遺品整理を急くこともありません。
しかし、賃貸物件に住んでいた場合、契約上の問題があるために葬儀が済んだ後すぐに遺品整理を行わなければならなくなります。

賃貸契約書を確認する

通常は、月末までの契約となるのでそれまでに退去するためにも、遺品整理をまず進めなければなりません。
契約内容を把握するためには、賃貸契約書の内容を確認する必要があります。
ここで、退去日と家賃についての規約を調べておくと、遺品整理を行う日程を組めるようになります。

また、親戚や子供が葬儀で帰ったタイミングの流れで遺品整理をしなければ、それ以降の時間の確保できないという場合も、葬儀後に直ちに行うこともあります。

遺品の物次第で時期が異なる

遺品整理の際には、必要な手続きがあるものから優先して進めていくのが普通です。
重要書類で代表的なものは、以下のものです。

  • 銀行等の預金通帳
  • 印鑑(特に大事な「実印」)
  • 土地の権利書など
  • 生命保険・損害保険の証書
  • 年金手帳
  • 有価証券
  • 契約書
  • 現金・商品券
  • キャッシュカード・クレジットカード、健康保険証など

手続きをする際には、死亡日から何日までと期限の設定されているものもあるので、まず進めるようにしましょう。
一方、故人の洋服や写真、趣味のもの、家財道具などは、早急にしなければならないわけでもありません。
自分なりに気持ちの整理がついたタイミングに、遺品整理を行うのがベストだと言えます。

なぜならば、喪失感の強い時期に無理に遺品整理を進めようとするとさらに精神的に落ち込んでしまうこともあるからです。
これでは、遺品整理を進めようと思っても遺品に向き合うことすら苦しく進みようもありませんね。

遺族にとって、故人への深い感情が無くなるわけではないですが、ある程度、遺品をそのままにしておいて、年数が経過すると故人への気持ちの整理がつくこともあります。

整理がついたタイミングを逃さずに、遺品整理を行うのがおすすめです。
いつまでも整理をしないと、億劫になることもあります。
故人への思いに触れながらしかるべきタイミングが来たら、計画的に進めるのが一番でしょう。

まとめ

家族を亡くすと喪失感の中でありながらも、通夜、葬儀と立て続けに執り行わなければなりません。
その後、様々な手続きに追われる中で遺品整理のことも頭をかすめながらも、なかなか取り組む心身のゆとりがないことも多いものです。
個々の住環境や相続税の有無などによっても、遺品整理の時期には違いがあります。

期限が決まっている物以外は、気持ちの整理がつくタイミングを逃さずに行うことで、先延ばしにせず気持ちも遺品もすっきりと整理できるようになります。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP