遺品整理の時期はいつが正しい?先延ばしにするデメリット - 福岡エコサービス

遺品整理の時期はいつが正しい?先延ばしにするデメリット

疑問や悩みのイメージ
大切な家族を亡くすと強い喪失感の中にあっても、お通夜、葬儀、その後の手続きなどに追われます。手続きには煩雑で時間がかかるものもあるため、なかなか遺品整理の時期を見つけられない方もいるでしょう。そもそも、遺品整理の時期はいつ頃が正しいのかも気になってしまうものですね。

この記事を読んでもらうと、遺品整理の時期がどのタイミングが良いのかが分かります。遺品整理は、気持ちの整理が落ち着いた時期が良いタイミングと言われるものの、それまでに時間がかかった場合、遅れた場合にはどんなデメリットがあるのかもまとめてみました。

遺品整理の時期はいつ始めればよいのか?

遺品整理

家族を亡くして葬儀や初七日を終え、期日の迫っている手続きなどに追われます。弔問客が訪ねてくることもあり、その対応もあるものです。慌ただしさの中で、ふと遺品整理の時期はいつまでにすればよいのかと頭をよぎるでしょう。

遺品を整理する時期は、必ずしもいつが正しいという風習や決め事はありません。個々の事情に応じて進めなければならないタイミングは、おのずと決まっているもののその時期は各家庭によりさまざまです。

自分のおかれた環境や状況に合わせて、整理の時期があるという考え方で問題ありません。

一般的に行われる遺品整理の時期

カレンダーとノート

一般的に行われている遺品整理の時期は、以下のようなタイミングです。

四十九日を迎える時期

葬儀後の当日に初七日を済ませて、七日日ごとの供養を行い四十九日を迎える時に故人の魂が旅立っていくと仏教では考えられています。四十九日には、親しい身内や友人などが集まるため、親族同士で遺品整理についての相談もしやすい良いチャンスです。このタイミングで遺品の整理を済ませておくと、形見分けをする機会を逃さないというメリットもあり遺品整理の時期の目安とされているのです。

特に、遠方からの参列者は四十九日を節目として、それ以降の法事に出席できない方も少なくありません。そのため、このタイミングを見計らって遺品整理を済ませると形見分けがスムーズにできるようになるのです。

ゆとりを持って百か日の法要までに遺品整理を済ませるという家庭も見られます。家族を亡くした月日によっては、四十九日を前倒しで三十五日で行うこともあります。また、すぐに初盆の準備に追われるために遺品整理の準備に充てる時間が無かったという家庭もあるため、別の法要をめどに計画を立てることもあるのです。

手続きが終わる時期

家族を亡くすと、死亡届や健康保険、年金、水道、電気、ガス、保険、銀行などの様々な手続きをしなければなりません。期限の短いものもあり、順を追って進めて行かなくてはならず、遺族は手続きに追われます。スムーズに進みづらいケースももちろんあります。年金に関しては、相談会が開催されますが常時行われているわけではないので開催日まで待つ必要があるでしょう。
そのため、遺品整理を同時進行できないという事情がある方もいらっしゃいます。まずは、進めなければならない手続きを済ませてから、ゆとりを持って遺品整理を進めたい意向の方も多くなっているのが現状です。

葬儀が終わってから早い時期

一方、葬儀が終わって早い時期に遺品整理をするケースもあります。賃貸住宅に住んでいた時には、契約上、早く片付けを進めなければならないからです。その他、遺族が故人の住まいから遠方に住んでいる場合には、葬儀のための帰省中に遺品整理を済ませることも多くなっています。

遺品整理の時期を先延ばしにするデメリット

メリットとデメリット

遺品整理の時期は、特にこれが正しいという決まりはないとお伝えしました。無理に気持ちが少しも落ち着きと取り戻せないままで遺品整理をしようとすると、返って深い喪失感にさいなまれてしまうこともあるので、注意が必要です。

遺品整理は、自分の気持ちにしっかりと向き合った上でタイミングを見計らうのも賢明です。しかし、気持ちの整理がつきつつあってもついつい日々の暮らしの方を優先してしまい先延ばしにしてしまうこともあります。そのため、必要に迫られない遺品は、2~3年延ばしている方も少なくないのです。

何年か経過してしまうことで、デメリットはあるのでしょうか?

遺品整理の気持ちが薄れてしまう

先延ばしすることによって、遺品整理をする気持ちそのものが薄れてしまうこともよくあります。置き場所があることから急がなくていいと考えるようになり、部屋には故人が住んでいた時のままで遺品が残されている状態になってしまうと、やる気そのものが無くなってしまいます。

年数が経過してしまうと、遺族も気力だけではなく体力が衰えてしまうこともあります。放置し続けることによって、故人の住まいがゴミ屋敷とかしてしまうリスクもあるわけです。

相続税の発生を控えている場合

故人の財産を相続する場合に非課税額を超えれば、相続税の申告が必要になります。申告書の期限は被相続人が亡くなってから10か月以内と決められており、きちんと相続税を納めなければなりません。

相続税を支払う必要があるのに、遺品整理を先延ばしにしてしまうと10か月以内の申告ができなくなり、その後に申告をしたとしても相続税の控除が受けられなくなってしまうばかりが延滞税も加算されてしまうことがあるのでデメリットとなります。

相続税というと預貯金と真っ先に思い浮かべるでしょうが、それ以外にも不動産は土地の評価額を調べる必要もあります。相続の手続きをするためにも、遺品整理を適切な時期に行って準備に取りかかる必要があるわけです。

まとめ

やはり遺品整理は、お伝えしたように気持ちが落ち着いてきた時に、なるべく早めに行うのがおすすめです。実際に、四十九日までに遺品整理を行うと言っても完全に気持ちの整理がついているという方は、ほとんどいないでしょう。気持ちの整理を少しづつつけながら遺品の一つ一つを分別して、故人を偲んでいるという役割を持っているとも考えられます。

  • 「遺品整理の時期を控えているけれど、遺品の洋服を手にするだけで悲しみが強くなる」
  • 「四十九日の用意が迫っていて、時間が取れない」

などといった場合には、遺品整理業者に相談をしてみましょう。遺品整理の進め方ややるべきことについてのサポートを受けられるため、方向性が見つけやすくなるメリットもあります。遺品整理の時期が、気になり始めたらお伝えしたようなタイミングを視野に入れて計画を立ててみてはいかがでしょうか?

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP