遺品整理の掃除の種類についての疑問!特殊清掃との違いとは? - 福岡エコサービス

遺品整理の掃除の種類についての疑問!特殊清掃との違いとは?

遺品整理 掃除

家族を亡くすと時期の差はありますが、遺品整理をしなければなりません。遺品整理業者の掃除は、どんなレベルまで応じてくれるのでしょうか?遺品整理業者に掃除まで依頼したい場合、どんな掃除の種類が依頼できるのかを心得ておくと戸惑うことも少なくなります。提供可能な掃除の種類によっては、その後のサービスを利用するのか、また、遺族で時間をかけて掃除を徹底して進めて行くのかも決めやすくなるでしょう。

今回の記事は、遺品整理業者が提供する掃除の内容について詳しく説明していきます。特殊清掃は遺品整理業者と比べてどんな違いがあるのかも、なかなか分かりづらいものがあるものです。掃除に関するさまざまな疑問に合わせて、不用品回収業者と遺品整理業者の掃除に関しての対応の違いもお伝えします。

遺品整理の清掃の種類

キッチン回りの掃除

遺品整理業者に依頼した場合には、遺品の分別や回収の他、貴重品の捜索、遺品の供養やお焚き上げを主に行ってくれます。遺品整理業者のサービス内容には、清掃も含まれていますが下記の2種類です。

簡易的な掃除

遺品の分別や回収が終わると、簡易的な掃除を行ってくれます。埃を取り除いてきれいな状態に簡易的な掃除をするという意味です。直ちに、掃除まで済ませなかればならない事情がある時には間に合わせてくれるメリットがあるでしょう。掃除に関しては、簡易的なものとされているためいったん業者に掃除をしてもらってから、時間のゆとりがある場合には遺族の都合に合わせてより細部まで徹底した掃除をするのも良いでしょう。

ハウスクリーニング

オプションでハウスクリーニングを付けられ遺品整理業者もあります。依頼をする際には、通常のハウスクリーニングとは、若干内容が異なることを理解しておきましょう。

ハウスクリーニングは、部屋の片付けや行き届かない部分の掃除、エアコンの掃除を行ってくれる野に対して、遺品整理業者が行うハウスクリーニングは継続して使われて来た水回りを中心に部屋の全体を掃除するやり方です。

もし、遺品整理の一環としてハウスクリーニングの依頼を検討しているのなら、遺品整理業者に依頼する方がハウスクリーニングの業務内容が適していると言えます。この後、紹介する特殊清掃が必要なほどではないにしても、日常的に使われて来た台所やトイレ、洗面所、お風呂を徹底して掃除を任せたいという時にもおすすめです。遺品整理業者ではハウスクリーニングの他、消臭作業もオプションで選べるようになっているので、臭いの問題がある場合には相談してみましょう。

特殊清掃と遺品整理はどう違う?

疑問を感じる女性

遺品整理は、自分たち家族だけで行うこともあり身近なものとして捉えられていますが、特殊清掃はそれに比べると認知度が低いものです。特殊清掃と遺品整理は、どんな違いがあるのかを説明していきます。

遺品整理後に掃除を行う

基本的に遺品整理業者が行う掃除にも、2つの意味合いがあります。

遺品整理を完全に済ませて行うのが、簡易的な掃除で部屋全体をきれいにしてくれます。徹底した掃除を希望するなら、ハウスクリーニングも合わせて依頼しましょう。

遺品整理をしている最中は、故人の持ち物の中に通帳や証券、遺書、貴重品が含まれている可能性もあるため、重要なものを安易に捨ててしまうと後々大きな問題が浮上してくることにもなり得ます。相続に関連する遺品は、遺族でも想像しえないタンスの裏側や掛け軸の裏側に保管されていることもあるので、遺品整理業者は仕分けの段階から入念に確認しながら片付けてくれるのが、普通に行う掃除とは違いがあるのです。

特殊清掃後に遺品整理を行う

特殊清掃は、事故死や孤独死などにより血液や腐敗臭などの影響を受けた部屋を元に戻す作業です。遺体の腐乱ばかりではなく生ゴミの散乱、害虫の発生など通常の掃除では解消できない場合に、特殊清掃業者に依頼をします。

孤独死、事故死など特殊な状況で亡くなっていた場合、遺族にとっても測り知れないつらさがあるでしょう。現場への立ち入りさえもできないことも、当然あるわけです。そのような問題がある時に特殊清掃業者に依頼をすると通常の部屋に戻すために作業を行ってくれます。

臭いや血液の除去、外周の駆除などを終えて、遺品整理ができる状態になってから分別や回収を行います。もし、特殊清掃だけで臭いや染みなど除去できない場合には、床や壁などの張替やリフォームを依頼することも可能です。

不用品回収業者は掃除はサービス外

ポイント

遺品を含めた不用品の回収を依頼できる業者は、遺品整理業者以外にも業者が存在しています。遺品整理の際に出た粗大ゴミや不用品を回収してもらうには、不用品回収業者に依頼することももちろんできるのです。

業者の特徴を一言でいえば、遺品整理業者は遺品として扱う専門知識を持っているため丁寧に作業をしてくれるのに対して、不用品回収業者は遺品であっても廃棄処分が必要な不用品という認識が基本なので物の扱いがきめ細かい配慮がなく雑になることも当然あるわけです。

また、遺品整理業者は遺品の分別や回収後の簡易的な掃除を行ってくれますが、不用品回収業者では掃除は業務外なので対応はしてもらえません。掃除やハウスクリーニングまで業者に任せてきれいにしたい希望がある場合は、遺品整理業者に依頼をする方が一社で済むので手間がかかりません。

まとめ

遺族を亡くして遺品整理が必要となった時、状況によっては遺品整理後に掃除まで必要となるものです。簡易的な掃除できれいになる場合もあれば、特殊清掃が必要になる場合もあり状況により業者の探し方も異なってきます。遺品整理業者がどんなサービスを提供できるのかを把握しておくことで、適切なサービスを提供してもらえる業者を探しやすくなるでしょう。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP