身内が孤独死!遺品整理と特殊清掃を!業者に依頼すべき理由とは? - 福岡エコサービス

身内が孤独死!遺品整理と特殊清掃を!業者に依頼すべき理由とは?

絶望する女性

「身内の孤独死を知らされた」「親が孤独死をしたため遺品整理をすぐさま頼まないとならない」など、前触れもなく孤独死が起きてしまうのは誰の身にあるかもしれません。

孤独死の連絡が入ったら、何をどうすれば良いのかも分からず不安になってしまうでしょう。

この記事を読んでもらうと、孤独死した場合の遺品整理と特殊清掃の依頼の必要性と業者の選び方が分かります。孤独死は、高齢化と共に増加し続けています。身内の孤独死に直面したら、どんな行動をとればよいのかをご紹介しておきましょう。

孤独死が身内にあった時はまず特殊清掃が必要

特殊清掃

もし孤独死が起きたら、特殊清掃を必ずしなくてはなりません。しかし、日常の暮らしで「特殊清掃」がどのようなものかを知っている人の方が少ないものでしょう。

特殊清掃はどのような清掃なのかも、ご説明して行きます。

特殊清掃とは?

「特殊清掃」とは、孤独死した現場を特殊な技術で行う清掃のことを呼ぶ名称です。孤独死は、発見されるまで日数が経過していることが多く、遺体の体液や血液を除去しなくてはなりません。

遺体の腐敗が進んでしまうと、床材や家具の処分、害虫の駆除、死臭の消臭も必要です。特殊清掃のスタッフは、これらの想像を絶する孤独死の現場をきれいに清掃する技術を持っています。

特殊清掃士の資格を保有していなければできないわけではありませんが、専門的な知識を保有していると一般の方が依頼する際には判断しやすくなると言えます。特殊清掃士は、孤独死の現場での心得や清掃の技術を取得していることの証です。この資格を持っていれば、任せられるプロだと考えて良いでしょう。

特殊清掃が必要になる理由とは?

孤独死では、特殊清掃の依頼が必要なのはどのような理由があるからなのかも気がかりになる点です。特殊清掃士だけではなく、ハウスクリーニングを依頼すれば間に合うのではないかと思われるかもしれません。

ただ、死後の発見が3日を過ぎるだけでも死臭が強くなります。体液や血液の問題もあるので、ハウスクリーニングでは対応できる作業ではありません。

特殊清掃は、このように必要があるからこそ現場で対応しているわけです。

孤独死の場合は遺品の大半が処分となる

遺品整理をする際に、孤独死の現場では腐敗臭や雑菌の付着があるため、遺品の大半は処分しなくてはなりません。しかし、手続き上に必要なものは何とかして残しておくべきものもあります。

腐敗臭や雑菌は、健康への影響が出てしまう場合もあります。こうした孤独死の遺品整理を任せるには、特殊清掃も対応できる業者が望ましいわけです。

孤独死が起きた時の特殊清掃や遺品整理を業者に依頼する理由

特殊清掃の作業

孤独死となった場合には、遺品整理業者の中でも特殊清掃に対応できるところに依頼する必要があります。しかし、身内に孤独死が起きたら動転してしまい正常な判断ができない精神状態になることだってあります。

なぜ、特殊清掃が可能な業者に依頼しなくてはならないのか理由を明確に認識しておきましょう。

腐敗臭で近隣への迷惑を広げるのを抑える

普通の悪臭でも、臭いと言うのは非常にデリケートな問題です。孤独死が起きたことに、腐敗臭の拡散で周辺住民が不審に感じて気づくこともよくあります。

窓を開けることで、腐敗臭が消えるわけではなくさらに近隣への迷惑をかけてしまいます。孤独死のあった部屋では、窓を開けてはいけません。

まずは、特殊清掃を依頼し腐敗臭が漏れなくする対策をとってもらうようにしましょう。特殊清掃が終わると、窓を開けても周囲への影響も出なくなります。

特殊な技術を持つスタッフしか対応できない

ほとんどの方は、孤独死の現場の壮絶さを知らないのが普通でしょう。普通の汚れとは別物なのが、孤独死の現場です。体液や血液、腐敗臭、雑菌、害虫といった問題が起きてしまうと、普通のハウスクリーニングでは対応できません。

こうした清掃は、特殊清掃の技術を習得しているスタッフしかできないためです。特殊な薬剤を使用することで、独特な汚れや臭いを除去することができます。

特殊清掃と遺品整理を同時に依頼する方が費用を抑えられる

特殊清掃の依頼は、遺品整理業者と同じところに依頼する方が費用を抑えられます。もし、別の業者をそれぞれ雇うと日程調整も必要ですし、出張費も別途かかってしまうでしょう。

同時に特殊清掃と遺品整理を別の業者に依頼しても、それぞれの進捗状況が異なり、待機時間ができてしまう可能性もあります。作業の手を休めている時間も、作業時間という扱いになるため無駄な経費が出てしまうことも考えられます。

孤独死で特殊清掃を依頼する際の遺品整理業者の選び方

選び方

特殊清掃は、孤独死した場合には欠かせない作業だと言うのがが分かっていただけたと思います。特殊清掃が可能な遺品整理業者を選ぶには、以下のポイントを押さえておきましょう。

見積もりが明確

孤独死が起きて特殊清掃を依頼する場合には、以下の項目で算定されます。

  • 作業内容 遺品整理・特殊清掃
  • 作業人数 〇名
  • 作業時間 〇時間~〇日
  • 見積もり額 〇〇円

まず、作業内容は現場の状況次第で大きく異なってきます。壁紙をはがす、床の解体工事や消臭消毒、オゾン脱臭、遺品整理と必要な作業は、ケースバイケースです。脱臭作業は、2日かかる場合もあるので大幅に時間がかかる分、費用も割高になります。

作業内容や作業人数、作業日数から算出された見積もり額が明確かどうかを確かめておくようにしましょう。一式でいくらと記載されていると、依頼者にとっては算定方法も分かりづらくなります。

作業内容の説明が明確

孤独死の場合には、必要な作業内容の説明もかかせません。どうしてその作業が必要とされるのかを分かりやすく説明してくれる業者なら、任せやすいでしょう。

特殊清掃の作業内容を知っているという方は、ほとんどいないと考えられます。孤独死のあった部屋や家を元に戻すために、どのような作業工程になっているのかも分かりやすい説明をしてくれる業者を選ぶのが賢明です。

周囲への配慮に長けている業者

特殊清掃に対応している遺品整理業者は、周囲への配慮にも長けています。近隣への迷惑が腐敗臭で出ている場合もあるためです。もし、近隣住民が気づいていない場合でも、できるだけ腐敗臭を外部に漏らさない対応を迅速に行ってくれます。

もともと、遺品整理だけの依頼でも近隣へ気づかれないように進める業者もあります。近隣への配慮をするというのは、遺族側にも不要な気遣いをさせない配慮でもあるのです。

まとめ

もし、身内で孤独死が起きてしまったらとても動転してしまうものでしょう。孤独死の場合には、遺品整理の前に特殊清掃が必要です。業者に依頼すべき理由がいくつもあることが分かっていただけたでしょう。

突然の訃報で落ち着いて考えることもできづらいものですが、早く特殊清掃をする必要に迫られているのは事実です。そのためにも、早い段階で良質な業者を探さなくてはなりません。

特殊清掃を依頼する際には遺品整理業者の選び方もポイントを押さえておくと納得の行く作業を行ってもらえるようになります。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2022 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP