親の家が汚部屋に!片付けに悩む時に覚えておきたい5つのコツと注意点 - 福岡エコサービス

親の家が汚部屋に!片付けに悩む時に覚えておきたい5つのコツと注意点

断捨離がブームになって久しいのですが、中でも「親の家の片付け」「親の家の生前整理」に関する悩みも増えて来ており本や雑誌もいろいろと出回っています。久しぶりに実家に帰ると、モノが溢れている光景に驚いてしまった人も多いのではないでしょうか?

この記事は、実家の片付けの必要性・片付けの目的・片付けのコツ・注意点を紹介して行きます。

目次

  1. 親の家の片付けが迫られるわけ
    1. 体力や気力の低下
    2. 認知症やうつなどの発症
  2. 親の家を片付ける目的
    1. 老後の転倒や病気のリスクを減らす
    2. 遺品整理や相続をスムーズにする
  3. 親の家の片付けで覚えておきたい5つのコツ
    1. 自分が実家に置いている物から捨てる
    2. 親と断捨離の意識を共有する
    3. キッチンや洗面所から片付けるのが始めやすい
    4. 迷ったものにとらわれない
    5. 親でも勝手に触られたくないものがある
  4. 親の家を片付ける時に注意しておきたい点
    1. 大事な書類の保存場所を話しておく
    2. 完璧を目指さず進めていく心構えも必要
    3. 早く片付けたい時には業者に頼む方がおすすめ
  5. まとめ

親の家の片付けが迫られるわけ

親の家が片づいていないことに気づいた時、親の老いや自分が実家を離れてずいぶん年数が経過していいることを実感しますね。

子どもは、結婚や就職をきっかけに故郷を離れ、別に家を構えることが多い時代になっています。久しぶりに親の家に帰ると、片付いていないことは分かっても帰省中の時間だけでは片付けを進めることができません。

結局、親が病気をした時や亡くなった時に、実家の片付けに直面してしまうことになってしまいます。人生100年時代と呼ばれ、親が一人暮らしを続ける世帯も多いものです。同じ場所で暮らしを続けていると、必然的に物は増えるばかりとなり汚部屋化してしまうこともあり得ます。

体力や気力の低下

きれいに暮らしていた親でも、掃除が行き届かなくなったりキッチンが雑然としてしまったりという事態に、どうしても親の老化を認めざるを得ません。高齢になると体力だけではなく気力も衰えてしまうので、片付けや掃除も億劫になり、頻度も減ってしまうわけです。

このような理由からものは増え続けてしまい、片付けるにしてもどんどんやりにくさが出て来てしまいます。

認知症やうつなどの発症

それだけではなく、認知症やうつなど発症してしまうと、片付けをどんなに始めてるのかすらわからなくなります。このような状態になると家族も対応や見守りの方で手一杯になり、片付けをしないままで亡くなってしまうのです。

親の家を片付ける目的

親の家を片付けるためには、具体的に以下の目的があります。まだ、高齢者と言っても普段の暮らしに支障が無い親の場合、親の家を片付けることは、まだまだ先の目的だと現実感がない人も中にはいますね。

老後の転倒や病気のリスクを減らす

親の世代になるとどうしてもモノが増えすぎてしまうため、モノを減らしてすっきりとした部屋にしたいと思うものの行動がついていきにくくなります。

物が多いとただでさえ腰が重い掃除がしづらくなり、不衛生な環境を招いてしまいます。埃や害虫、雑菌などの温床となってしまい、健康被害を受ける心配もあります。また、換気が行き届かないことで多湿状態が続きカビが発生しやすい環境を作ってしまうのです。

病気のリスクばかりではなく、年を取るとわずかなものにつまずいて、転倒してしまうことも高くなります。床に物をできるだけ置かずに取りやすい位置に収納することができれば、転倒のリスクを減らせるので多少なりとも安心できるでしょう。

遺品整理や相続をスムーズにする

親の家の片付けができないまま、親が亡くなってしまうと遺品整理の時にさらに大変になります。深い悲しみの中にありながらも遺品整理で期限のあるのについては、その期間内に行わなければなりません。

このような時に家が汚部屋となってしまうと、ただでさえ大変な遺品整理がなかなか進まなくなってしまうでしょう。貴重品の捜索だけで日にちが過ぎてしまうことも実際に多いものです。

少なくとも、親の意思で相続に関する重要な書類や印鑑、準備しておきたい遺言書を前もって準備しておけば、相続もスムーズに運びやすくなります。

親の家の片付けで覚えておきたい5つのコツ

では、ここからは親の家を片付けるときに備えて、抑えておきたいコツを紹介していきます。長い人生に関わって来たモノはたくさんあるものですので、コツを知っておくだけでも難易度が変わってきます。

自分が実家に置いている物から捨てる

親の家に、今の自分に必要なものを置いている方はあまり多くないでしょう。しかし、今の自分には必要ないけれど部屋に置くスペースもないので、実家に趣味のものや洋服、本、道具などを保管している人は多いでしょう。さらに、子供の頃の本や作品、制服や卒業証書など大切に親が保管していることもありますね。

実家だからといっても、親の物を勝手な判断で捨てるのは親との仲が険悪になることもありますが、自分のものであれば断捨離する判断がしやすくなるので、まず取り組んでいきましょう。

親と断捨離の意識を共有する

「片付いていないから大変!」「亡くなったらどうするの?」など親の家を片付ける時には自分の立場で感情を押し付けてはいけません。親に断捨離の意識を持ってもらうことは、不可欠です。

「住みやすく危なくない家にする」「物が見つかりやすく取り出しやすくする」といったプラスになることを上げて、親子で断捨離の意識を共有するようにしましょう。やる気を持ってもらわないことには、モノに対しての判断を引き出すこともできなくなりますね。

キッチンや洗面所から片付けるのが始めやすい

どこから片付けて良いのか分かりにくい断捨離ですが、まずは、普段の暮らしに直結しているキッチンや洗面所から片付けるのが始めやすいのでおすすめです。普段使っている場所なので、「要る」「要らない」の判断がつきやすくなるでしょう。しかも、片付ければ片付けたほど目の前の調理や洗面などで心地よくなった実感も湧きやすくなります。

迷ったものにとらわれない

親と一緒に進めている片付けでも、捨てるかどうか迷ってしまうものは確かにあります。親に判断を任せても、「いつか使うかもしれない」「思い出のあるものだから」という気持ちが湧き決められないものなら、とりあえず保留にしておくのが賢明です。

そこで、作業を中断するよりも「これは確実に要らない」と思うものを次々と進めていく方が効率的です。目の前から無くなっていくことで、親子の片付けの意欲も上がりやすくなるメリットもあります。

親でも勝手に触られたくないものがある

いくら親であっても、勝手に子どもに見られたり触られたりしたくないものがあることを理解しておきましょう。子どもから見てゴミにしか見えないものでも、大切な想い入れのあるものかもしれません。また、勝手に触られることで激怒されてしまい、断捨離が中断してしまうリスクもあるので注意を心がけてください。

親の家を片付ける時に注意しておきたい点

実際に、親の家を片付ける時に注意しておきたい点があります。注意点を念頭に置いて行うと、できるだけ後悔のない断捨離を行えるようになるでしょう。

大事な書類の保存場所を話しておく

親の家の片付けをしている最中に、大事な保険証書・預金通帳・権利証などが思いがけないところから見つかることもあります。今は元気でも、将来的に親が亡くなった時に必要なものばかりですので、今後の保存場所を話し合っておきましょう。この時、あまりしつこく金銭に関わるものの在処ばかりに触れると親の神経を逆なですることも充分考えられます。生前整理のひとつとして、「聞いておこうと思うけどどう思う?」と言った程度にそれとなく触れてみるのが無難です。

親の気持ちを尊重するという立場で進めて行くのが、実家の片付けの基本だということを踏まえて、話し合いながら進めましょう。

完璧を目指さず進めていく心構えも必要

親の家を片付ける時には、親の都合や子どもの事情があるので、一気に完璧を目指すことでそれが負担になってしまうことも少なくありません。長く生きて来られたほどに片付けは、根気が必要とされるので完璧を目指すことで、断捨離がストレスになってしまっては本末転倒です。

大型の家具や家電、布団など個人で片付けをするには困難なものがあれば、その部分は業者に任せるといった選択肢を準備しておくことで、負担を大きく軽減できるでしょう。

早く片付けたい時には業者に頼む方がおすすめ

親の家の片付けを進めてきたけれど、途中で行き詰まってしまった場合や早く片付けたい事情がある時には業者に頼むのがおすすめです。実際に、「片付けよう!」と意気込んでみたけれど、全体の半分も進んでいないまま意欲が消失してしまったり親の病気で対応できなくなったりという悩みもあります。

ただし、業者に依頼するにはそれ相当の費用がかかってしまいます。実家の片付けを任せる業者なので、いい加減に扱う業者や不当な請求をする業者は避けたいものですね。業者に依頼する際には、適切な価格と高品質なサービスが提供できる実績があるところを見つけるようにしましょう。

まとめ

実家に物が溢れ汚くなっているのに驚き「片付けを始めなくちゃ!」と思うようになったら、親子でもよく話し合っておくのが前提です。片付けの時間や負担も相当かかることが考えられるので、計画を立てて注意点を知ったうえで進めて行きましょう。親子で片付けのゴールを目指して、必要に応じて業者の力を借りるのもありということも把握しておいてください。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP