自分で遺品整理をしたい時に上手く進めるコツ5つ!注意すべきこと - 福岡エコサービス

自分で遺品整理をしたい時に上手く進めるコツ5つ!注意すべきこと

遺品整理 指輪

家族を亡くして、遺品整理をしなければならない時、自分たちで行いたいと思う方が大半です。しかし、昔のように親戚が集まって行う慣習もなくなり、少子化の影響もありなかなか自分で進められないことから、遺品整理を業者に任せることも多くなりました。

この記事を読んでもらうと、自分で遺品整理をしたい時に上手く進めるコツが分かります。必要な準備や遺品整理を進める手順、注意点もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

「自分で遺品整理を進めたいけれど、できるのかどうか不安もある」と思われる方は、最後まで目を通していただけると幸いです。

遺品整理を自分で行いたいと思うわけ

疑問や悩みのイメージ

遺品整理は、とても時間も労力もかかる作業です。そのため短時間で負担なく済ませるために、遺品整理業者に依頼をするケースも増えています。

しかし、やはり遺族が自分たちで行いたいと思う気持ちが強い方もいらっしゃいます。大事な遺品を初対面の業者に触らせるのに抵抗がある気持ちも、当然でしょう。

また、遺品整理を業者に任せるにはそれなりの費用がかかります。予算の折り合いがつかずに、自分で進めるしかない場合もあるでしょう。

このような事情があることから、遺品整理を自分で行いたいと思う方も少なくないのです。

遺品整理を自分で始める前に準備するもの

準備するものをチェック

故人の持ち物をすべて整理するわけですので、まず自分で遺品整理を始めたいと思うなら、準備するものをチェックしておきましょう。

行き当たりばったりで進めると、作業がしづらいばかりか上手く進められなくなり、収拾がつかなくなる恐れもあります。

  • ダンボール
  • マジック
  • 軍手・マスク
  • ドライバー・はさみなどの工具
  • ゴミ袋

これらのものを前もって揃えておくと、仕分けや解体などしやすくなります。遺品整理する量は、たいへん多いうえに種類もさまざまです。

作業の途中で、仕分けしたものが紛れ込んでしまう可能性もあるので、ダンボールに入れたものには、マジックで分かりやすいように記入しておくのがおすすめです。

ドライバーやはさみなどの工具は、分解や解体がしやすくなるので重宝です。本棚やカラーボックスなどを扱う際に分解ができていると搬出もしやすくなります。

また、自治体のゴミ回収に出すものがあれば、可燃ゴミ・不燃ゴミ・廃プラゴミなどの袋を準備しておくと二度手間にならず便利です。

遺品整理を自分で進める際のコツ

コツ

ここからは、自分で遺品整理を進める際のコツ5つをご紹介していきます。やみ雲に始めてみても、なかなかうまく行かないのが遺品整理です。

初めての方でも、自分なりに上手く遺品整理を進めるためにも、コツを把握しておくのが効果的です。

計画を立てる

遺品整理を始める前に、入念な計画を立てましょう。

  • いつから始めるのか?
  • どの部屋から始めるのか?
  • 何をどう処分するのか?

この3点を意識して、部屋ごとに進めていくのがコツです。手あたり次第で進めていくのは、遺品整理の進み具合も分かりにくくなります。計画を立てておくと、済んだ部分については達成感も得られ次の部屋の整理に取り組みやすくなるでしょう。

自分で遺品整理を進める場合、地道に行う必要があるため、無理のないペース配分を心がけてください。

日程の計画の際には、人手や車両の確保についてもスケジュールを考えておきましょう。

遺品の仕分けをする

遺品を必要なものと不要なものとで仕分けをしていきます。不用品は、即座に処分するわけではなくので、大まかにでも分けてみてください。

①不要なもの
  • 布団
  • 洋服
  • 家電
  • 家具など
②必要なもの
  • 写真など思い出のあるもの
  • 権利証や通帳など重要な書類
  • 形見分けしたいもの

リサイクルできるものを仕分けする

まず、②に仕分けられた不用品には再利用できるものもあります。身内で再利用するほかには、リサイクルショップで買取してもらう方法も便利です。

リサイクルできるものを確認するだけではなく、必要なものが紛れ込んでいないかの確認作業にもなります。

廃棄をする

リサイクル対象以外のものは、廃棄をします。

自治体の回収に従い、「粗大ゴミ」・「可燃ゴミ」・「不燃ゴミ」・「廃プラゴミ」・「古紙」で仕分けを行ってください。

自治体で粗大ゴミとして回収できないものは、別の処分方法を調べておく必要があります。

  • 家電リサイクル対象品目
  • PCリサイクル法対象品目
  • ピアノ・金庫・消火器など
  • コンクリートブロック・土など
  • 劇薬・塗料
  • タイヤ・バッテリーなど

部屋の掃除を済ませる

遺品の仕分けや処分が終わったら、部屋の掃除を済ませましょう。部屋をリフォームする場合やハウスクリーニングをする場合にも、前もって簡易的な掃除を済ませておくとスムーズに進みやすくなります。

賃貸物件の場合には、賃貸借契約書に従い原状回復の工事が必要になる場合もあります。

自分で遺品整理をする際の注意点

要注意

故人の持ち物をすべて整理する遺品整理は、なかなか難しい点も出て来ます。これから、自分で遺品整理を進めるにあたって知っておくべき注意点をご紹介しましょう。

負担が大きいため時間がかなりかかることが多い

遺品整理は、故人の思い出のある遺品を整理して行く作業です。そのため、精神的な負担が大きく作業をすることで喪失感が強くなることも多くなります。

気持ちの整理ができていないまま遺品整理に取り掛かろうとしても、上手く進みません。急ぐ必要がない場合には、頃合いを見て気持ちが落ち着きつつある時期に始めましょう。

一方、家財道具や洋服などさまざまな遺品を整理するには、体力的な負担も相当かかってしまいます。特に、遺族が高齢になっていると肉体的に苦痛を感じることも多々あるものでしょう。

したがって、遺品整理の時間もかなりかかってしまうことが多くなります。急ぐ必要がない場合には、焦らず時間をかけて臨む気持ちでいるのがおすすめです。

大事な遺品を誤って廃棄しないようにする

遺品整理は、人手が揃っている方がスムーズに運搬や搬出ができる反面、大事な権利証や通帳などの重要書類がどこかに紛れ込む可能性もあります。

「重要書類を紛失した」となると、遺族間で根の深いトラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

複数の遺族で整理をする時には、部屋の担当や作業の割り振りをしっかりと決めておくようにして、トラブルになる原因を作らないようにしてください。

騒音で近所迷惑にならないようにする

業者と違い、自分たちで遺品整理を行うと物音を立ててしまうこともあります。場合によっては、近所迷惑になることもあるので出来る範囲で配慮をしましょう。

遺品整理をする時間帯に注意をするだけでも、ずいぶんと違います。平日の日中なら、ある程度の音がしても近隣住民が仕事などで家を空けているので、ほとんど影響が出ないでしょう。

近所づきあいがある地域なら、前もって遺品整理を行う際に騒音になるかもしれないことを伝えておくと気遣いになります。

遺品整理を自分で進められなくなった時には業者を利用するのが賢明

業者の男性

いざ、自分で遺品整理を始めてみたものの対応できない面がいろいろと出て来る場合もあります。人間ですから、計画的に進めようにもいろいろな支障が出て来ることもあるものです。

思うように進まない場合、途中で中断してしまった場合には、遺品整理業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

プロのスタッフが遺品整理を行うので、丁寧な扱いはもちろん配慮ある対応が可能です。遺品の仕分けから処分、必要に応じて遺品の供養や買取まで相談できます。

上手く進まなくなった時には、遺品整理業者に任せると負担なく終えられます。

もし福岡県近隣で遺品整理のお困りごとがあれば福岡エコサービス遺品整理センター」へお気軽にお問い合わせください。お見積りは無料で、電話・メール・LINE、都合の良い方法をご利用いただけます。

まとめ

お伝えしたように、遺品整理は自分で進めることも可能です。ただ、労力や時間を費やす必要があるので、精神的にもゆとりがある時期に行うのが賢明だと言えます。

準備や遺品整理のコツを押さえた上で、計画を立てて行うことで上手く進めることもできます。

業者に依頼するのと違い、長い目で見て作業を分けて進めていくので段取りを入念に考えて進めてみましょう。遺族自ら遺品整理を進めるのは、故人への思いを確かめながら進められるメリットもあります。

一気に片付けるというよりは、何回かに分けて遺品整理を終える覚悟で取り組む方が、上手く成功しやすくなります。

これから、自分で遺品整理を進める方はコツや注意点を把握した上で、計画的に進めていくように心がけましょう。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2022 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP