老前整理のコツ5つ!知っておきたい業者の費用相場・不用品の処分方法 - 福岡エコサービス

老前整理のコツ5つ!知っておきたい業者の費用相場・不用品の処分方法

 

老前整理

最近、耳にする「老前整理」はどのようなものでしょうか?50代の方は、そろそろ老後の暮らしも気になり始めるものです。「生前整理」と「老前整理」は、どんな違いがあるのかもわかりにくいものですね。

この記事をご覧になると、老前整理のやり方のコツがわかります。また、不用品の処分方法、老前整理を業者に依頼する時の費用相場も合わせてご紹介していきましょう。老前整理という言葉が気になり始めた方は、ぜひ参考にしてみてください。

老前整理と生前整理は同じ意味?

疑問を感じる女性

終活の一環でよく耳にするのが、「生前整理」です。「老前整理」と「生前整理」は同じものなのでしょうか?

生前整理は、生きているうちに自分の持ち物や財産を整理することです。死後に、相続のトラブルを減らすことや家族への負担を減らす意味合いが強くなります。自分のためにも役立つのは確かですが、生前整理は自分の死後を見越した上の整理です。

一方、老前整理は高齢になる前に自分の持ち物を整理することです。体力もあるうちに負担をそれほど感じずに作業が進められるのもメリットと言えます。老前整理は、40代頃には取り掛かるのが理想的です。老後に備えた整理に取り組むことを目的としており、生前整理とは目的が異なります。

老前整理のやり方!知っておくべきコツは5つ

残す 整理 捨てる

今は、体力も気力も充実していても、やがて年齢と共に体力が低下したり不自由さが出てきたりするものです。老前整理を始めたいと思ったら、やり方にはコツが5つあります。

40~50代で老前整理に取り組む時、年齢的にも多忙な方が多いでしょう。限られた時間の中で老前整理を進めるためにも、コツを抑えておくのがおすすめです。

老後を見越した保管や導線を確保する

今の自分の感覚でものを保管すると、老後は体力の低下や不自由さがあるため、ものを取り出しにくくなる可能性は高くなります。老前整理は、単に整理整頓をするのではありません。

老後になっても暮らしやすいことを見越して、保管場所を決めたり家の中の導線を確保したりするのが大事です。

元気な時には気づきにくいものですが、たとえば以下のような点を意識して整理をすると、不自由さが出た時にも支障をできるだけ少なくできます。

  • 高いところにものを収納しない
  • 足元にものを置かない
  • 手の届く高さにものを収納する(イスに上がらないと取れない所に入れない)
  • 家具の配置は使いやすい位置に変更する

無理をせずに時間を決めて行う

老前整理を始めるのは、40代から50代の世代なので体力があることから、一気に片づけを進めようと考えがちです。老前整理をする際には、場所と時間を決めてから始めましょう。

体力はあっても、老前整理をする世代は働き盛りで多忙な方が多いものです。一気に片付けようとしても、そもそも時間が限られている方も少なくないでしょう。

しかも、老前整理は切羽詰まっている状況で行うものではありません。普段の暮らしに影響が出てしまうほどに時間を割く必要もないでしょう。

無理にならない程度に、「収納棚だけ」「引き出しだけ」というように一ヶ所ずつでも構いません。要は、長続きしていくことが重要なのです。

収納しているものは見るだけではなく出して確かめる

クローゼットや引き出しを開けてみると、一見、きれいに収納されているように見えます。しかし、中に何が入っているのかが分からなくなり、探し物に時間がかかることもあるでしょう。収納されてはいても、自分にとって必要なものだけが入っているわけではありません。

一旦、ものを手にしてみることで、要不要の判断ができるようになります。自分でも忘れていた洋服が出て来ることもありませんか?なくても困らないものが、収納されているのはスペースの無駄です。

これから、使う機会があるものだけにするためにも、仕分けをする際には以下の点を具体的にイメージして考えてみましょう。

  • いつ使うのか
  • どこで使うのか
  • 誰にとって必要なのか

収納しているように見えても、不要なものが入っていることは誰でもよくあります。そのためにも、一度取り出して見ることが大切なのです。

処分に迷うものは期限を決めて一時保管場所におく

ものの仕分けをしている時、すぐには決められないものもあるでしょう。老前整理は、老後を暮らしやすくするために取り組むものですので、捨てることにこだわるべきではありません。

迷うものがあれば、期限を決めて一時保管場所に置いてみてください。老後の暮らしにも必要なものかどうか考えてみると、要不要が決めやすくなります。

判断に迷うものに時間をかけていると、老前整理が滞ってしまうでしょう。捨てるのに悩んでしまうなら、即座に一時保管場所に仕分けしておくようにするだけで問題ありません。その場では保留でも、期限内には判断をして整理を進めるようにしましょう。

大型のものを先に処分する

老前整理で明らかに不要な家電や家具など大型のものがあれば、先に処分するようにしましょう。大型のものは、後回しになりがちですが計画を立てて先に処分をする方が、得策です。

なぜなら、大型のものが無くなると想像以上にスペースが広くなるからです。空間が確保できるようになると、物理的に老前整理を進めやすくなるばかりか、モチベーションのアップにもつながります。

老前整理で出てきた不用品を処分する方法

 

粗大ごみ

老前整理では、さまざまな不用品が出て来ます。処分方法に悩むものも当然あるでしょうし、自力では搬出できないものもあるでしょう。

ここからは、老前整理で出てきた不用品の処分方法をご紹介して行きます。

自治体の粗大ごみ回収を利用する

手軽に利用できるのは、自治体の粗大ごみ回収を利用する方法です。自治体で品目ごとの手数料が設定されていますが、割安になっています。

事前に自治体への申し込みは必要ですが、手順に従って行けば粗大ゴミの処分が確実にできます。

家電リサイクル法に沿って回収してもらう

家電リサイクル法の対象品目は、自治体では回収してもらえません。

  • テレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • エアコン
  • 洗濯機・衣類乾燥機

排出者は、リサイクル料金と収集運搬料金を支払って適切にリサイクル回収をしてもらう義務があります。家電4品目を回収してもらうのは、主に以下の方法です。

  • 購入店で回収してもらう
  • 家電量販店で引き取りしてもらう
  • 買い換えの際に回収してもらう
  • 指定引取場所へ自分で持ち込む

不用品回収業者に依頼をする

家電や家具などの大型のものから衣類や本などの小物まで対応しているのが、不用品回収業者です。自治体の粗大ごみ回収ができないものでも、業者なら回収可能なものもあります。

老前整理で不用品がたくさんある場合には、不用品回収業者だと一気に処分できます。粗大ごみの回収日に合わせて、粗大ごみの搬出をする必要もありません。できるだけ楽に不用品を処分したい方に、おすすめの方法です。

老前整理の仕分けは自分で進められるものの、不用品の処分ができなくて困っている方に向いています。

遺品整理・生前整理業者に依頼をする

老前整理は、遺品整理・生前整理業者に処分を依頼することもできます。生前整理と目的は異なりますが、生きているうちに先々を見越した整理を行うという点では一致している部分もあるでしょう。

こうした業者は、遺品整理や生前整理のプロであり、老前整理の際の悩みや困りごとにも対応してくれるので頼れる存在です。もちろん、老前整理で出た不用品の回収もサービス内容としています。

老前整理を業者に依頼する時の費用はいくら?

費用のイメージ

老前整理を業者に依頼する時、気になるのは費用の目安でしょう。間取りごとの料金目安を参考に、見積もりを比較してみると業者の差が見極めやすくなります。また、遺品整理や生前整理と同じく処分するものの量や種類によって費用の変動がでてきます。

間取りごとの料金目安 

間取り 料金目安
1K 35,000円
1DK 60,000円
2DK 120,000円
3DK 160,000円
4DK 200,000円

 

老前整理だからこそ細かな要望に対応できる

老後 安心 安全

老前整理は、老後の暮らしを快適にするために行うのでいろいろと要望が出て来ることも多いものです。

たとえば、不用品の処分でもすべて一気に済ませるのではなく、年数を経て処分をしたいものも出て来るでしょう。その場合、老前整理を業者に依頼すると指定した時期に回収してもらうこともできます。

また、自分の死後に処分をしてくれる対応も可能なところもあります。

老前整理だからこそ細かな要望が出て来る場合も多く、状況に合わせた対応をしてもらえる場合もあるので安心してお任せできるのも魅力です。

まとめ

老前整理が気になりだしたら、やり方のコツや処分する方法を把握しておくことで実際に整理を始める時に役立ちます。

不用品の処分をどのような処分方法で進めるかを考えておくと、計画的に進められるだけでなく費用面の予算を知る上でも役立ちます。

老前整理のことが気になり始めた方は、まず自分でできる整理を無理なく進めていくのが基本です。もし、老前整理を業者に依頼する場合には費用相場をあらかじめ知っておくと、適切な業者を探しやすくなります。

体力のある40~50代のうちに、老後の暮らしを見据えた老前整理を計画的に進めて行きませんか?

 

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP