終活はいつから始める?準備の前にまず知っておきたい内容 - 福岡エコサービス

終活はいつから始める?準備の前にまず知っておきたい内容

「終活」がブームとなり自分の死後のことを考えて準備することは、前向きな行動だととらえられるようになって来ました。いつ誰がこの世から去るかは、誰も分かりません。一定の年齢になれば意識をするようになるものの、普段はそれほど深刻に考えていない人も多いのではないでしょうか?しかし、やがては人生の終わりを誰もが迎えるのですから前もって準備をしておくことは損にはなりません。

今回は、終活を始める時期・終活で準備をする内容について説明します。終活に興味があるものの具体的な時期や内容が分かりにくかったという方は、ぜひご覧ください。

終活

 

終活はいつから始めるの?

2009年頃から「終活」という言葉が知られるようになり、終活本も数多く出版されるようになりました。2012年には新語・流行語大賞のトップテンに入るほどまで、人々に知れ渡るようになり今では終活専門誌を始め週刊誌や月刊誌でも特集が掲載され続けています。終活は高齢になってから始めるイメージがありますが、自分が終活のことが気になりだしたらその時が始め時です。

終活は、必ず誰もが訪れる人生の終わりをどう締めくくるかを考えて行います。まず片付けを始めようと意気込んでも思い出のあるもの、写真などを見ているうちに時間が無くなってしまうこともあるでしょう。長い人生の中で得たものや出来事、人間関係はそれなりに知らず識らずのうちに増えてきます。そのため、終活をするには体力・気力・判断力も必要とされ、年齢を重ねるに連れ負担が大きくなり支障があります。

自分で終活を進めたくても体調や気力の問題で上手くできなくなるのは、誰にも老いがやって来るので目に見えているわけですね。終活は早く進めるほど、まだ元気があるうちなので負担を軽くできます。また、早い段階で終活をするとその後の生き方を考え直すことにも役立つメリットまであるのです。

終活で準備をしておくこととは?

終活で準備することと言えば、生前整理が頭に浮かぶでしょう。実際、終活で準備すべきことはきちんとした決まりや順番が決められているわけではありません。主な終活の内容は、以下の通りです。

エンディングノートに書き込んで行く

エンディングノート

エンディングノートは、もはや終活には無くてはならないものとして定着しています。書き込むことで自分の思いを整理しやすくなったり、終活で進めたいことが新たに浮かんだりと何も記録せずに始めるよりもいろいろなメリットがああります。終末期や死後に身近な人に伝えたいことや自分の希望をまとめるのが、エンディングノートの大きな役割です。エンディングノートにはあらかじめ項目が記載されているため、それに沿って書き進められます。完璧なものに一気に仕上げようとすると神経がすり減り、返って上手く進められなってしまうこともあるでしょう。埋められるところから埋めていくという気楽な気持ちで臨んでみてください。

注意して欲しいのは、エンディングノートに財産や金銭について記載をしていても遺言書のような効力がありません。効力を求めるなら必要に応じて遺言書の準備をしましょう。

葬儀の生前予約

葬儀の祭壇

葬儀の時に自分の意思を反映できるようにするには、葬儀社へ葬儀の生前予約をして詳細を決めます。生前予約の受付をしている葬儀社の中から、希望に合うところをまず探さなければなりません。ある程度、葬儀社の絞り込みができたら見積もりを出してもらいましょう。

葬儀の生前予約は、葬儀社によって内容が異なります。

  • 葬儀のプラン
  • 費用
  • 支払方法

見積もりだけではなく契約内容もよく理解した上で契約をするのが、とても重要です。

生前予約をするメリットは、自分が希望する葬儀をしてもらえることです。少子化の影響もあり、できるだけシンプルな葬儀を希望している方が増加しています。また、葬儀の際に自分の個性を感じてもらうための独自の演出を取り入れたいと望むケースもあります。自分の希望する葬儀を決めておくと、家族にとっても納得の行く葬儀を執り行いやすいメリットもあるのです。

遺言書の作成

遺言書

自分の死後、遺族で財産争いを起こさないようにするには遺言書の作成は必須です。遺言書は、以下の3種類があります。

  • 自筆証書遺言
  • 公正証書遺言
  • 秘密証書遺言

自筆証書遺言は、一番やりやすい方法です。遺言書のすべてを自筆して押印します。特別な手続きが不要なので場所を問わずどこでも作成が可能です。勝手に開封すると無効になるため家庭裁判所で検認を受ける必要があることも知っておきましょう。公正証書遺言の作成は、証人が二人以上立会い公証人が遺言内容を聞き取り作成をします。遺言者が亡くなったら、公証役場で遺言書を確認してもらう必要があります。最後の秘密証書遺言は、公証役場に二人以上の証人と一緒に遺言書(手書き・パソコン・代筆でも可能)を持参し遺言書のあることを保証してもらいます。この形式では遺言者本人が遺言書を保管しておき、遺言者の死後は家庭裁判所で検認が必要です。

 

生前整理をする

生前整理

エンディングノートや遺言書の準備と進めていくと意識がおろそかになってしまうのが、所有物の整理です。身の回りにあるものを生前に整理して、遺品整理の際に遺族の負担を減らせるメリットもあります。

  • エンディングノートに記載した書類がどこにあるの分かりやすくなる
  • 遺族の遺品整理の手間が軽くなる
  • 大切なものを託したい人に残せるようになる
  • 生前整理後の暮らしが快適になる

一気に生前整理をしようとすると疲れが出てきてしまうので、空き時間に少しずつ進めていくのが理想的です。捨てるものをピックアップしようとするとどうしてももったいない気持ちが湧いてくるでしょう。その時は、「これは残すべきもの」と思えるもの以外を処分すると考えておくと決断しやすくなります。

お墓を選ぶ

お墓

先祖代々のお墓に入るのではなく新たにお墓を建てる計画があるなら、終活の一環でお墓を選んで行きましょう。お墓の価格・形状・彫刻・文字などを考慮していく必要もあります。また、お墓を建てず散骨や樹木葬といった選択肢も見られるようになりました。

まとめ

終活の準備を具体的に進めていきたいと思ったら、主にやらなければならないことだけでも一気にやるのはとても大変です。計画的に進めるためにも、まずエンディングノートの作成から始めていくのが無難です。人生の終焉をどうしめくくるかを自分で考えて決めていくというのは、自分の思いや希望をじっくりと見直すために役だちます。当社福岡エコサービス遺品整理センターでは、生前整理のサービスも提供できます。自分で進めにくい不用品の処分に悩んだ時には、ぜひお気軽にお問い合わせください。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2022 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP