生前整理を40代で始める意味はあるの?終活に取り組む両親と共に進める - 福岡エコサービス

生前整理を40代で始める意味はあるの?終活に取り組む両親と共に進める

40代

20~30代とは違い、家庭的にも社会的にもだんだんと充実していると感じるのが40代です。生前整理を40代で始めるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

身近な人を亡くしたことがきっかけで、自分の亡くなった後のことを考え始めた人もいます。現役世代真っただ中の生前整理を始めるのは、早過ぎるのでしょうか?

この記事を読んでもらうと、生前整理を40代で始めるとどのような意味があるのかが把握できるようになります。

40代で生前整理を始めると、ちょうど親世代も終活への関心が高いため親子での話し合いが進みやすくなる時期と重なります。生前整理のことが気になり始めた方は、ぜひ参考にしてください。

40代から生前整理を始める意味は?

40代で悩む女性

生前整理を40代から始めようと思う方もいます。通常、退職後の60代になってから考え始める人が多いでしょう。

生前整理は、20~30代でも始めている方もいます。40代での生前整理は、具体的にどんな意味があるのかを見て行きましょう。

身辺整理ができると自分の希望を明確にできる

40代で身辺整理を進めると、老後になった時に自分の希望を明確にできるようになります。そもそも、体力と気力、判断力の3つがある間に生前整理を行う方が進めやすいものです。。

年齢を重ねるに連れて、物は増え続けていきます。40代のうちに断捨離を進めておけば、60~70代になった時、所有物の量を把握できているので整理がスムーズです。

老後が暮らしやすくなる

生前整理を早くから始めておけば、やがて老後暮らしになった時に暮らしやすい環境が整えやすくなります。

必要なものがどこにどれだけあるかがわかると、物探しをする頻度を減らせるでしょう。雑多なものに囲まれていると、その都度探さなければならず無駄なストレスにさらされるようになります。

また、40代で生前整理をしておくと高齢になり足腰が弱ってきた場合でも、家の中の導線が確保できるため転倒のリスクを軽減することにも役立ちます。

しかも、高齢になると認知症ではなくても、年齢なりの物忘れが起きやすくなるものです。少しでも、整理された環境で暮らす方がはるかに楽になるでしょう。

相続のトラブル対策ができる

40代といっても、いつ何が起こって命を落とすかはわかりません。

その時に、遺族が相続問題でトラブルになる可能性を低くするには、40代で生前整理を始めておくことは確かに効果があるわけです。

財産を把握しておくことは、40代の方の先々の人生設計にも役立ちます。

特に、現在はネットバンクやネットサービスを使ったお金の管理や投資をしている方も多くなっています。財産にまつわるものの管理を把握して、亡くなった後でも記録として残せるように遺言書の準備も必須です。

遺品整理の負担を少なくできる

生前整理は自分のためだけではなく家族のためにも大きなメリットがあります。遺品整理は、大切な家族を亡くした後に遺品を整理する作業です。

想像以上に、精神的にもつらい思いをするものであり、何日も整理の時間がかかり体力も消耗します。

40代で生前整理をしておけば、もしもの時が来た場合でも、遺品整理の負担を軽減できます。

40代の生前整理は両親と話し合いしやすい

家族

40代で生前整理を始めると、ちょうど両親が終活を意識している時期と重なります。両親が60~70代だと、生前整理も若い時よりもより身近なものとして捉える年齢です。

そのため、親子で話し合いがしやすくなります。ふだんは、親が亡くなった後のことを切り出すタイミングが見つけづらいものの、一緒に生前整理に取り組んでいる時なら抵抗感なく話しやすくなります。

エンディングノートに希望を書く

エンディングノートに、人生の終り方や財産・遺したいメッセージなどを希望に添ってまとめておきましょう。

エンディングノートは、遺言書とは異なり法的な効力はないものの、記載しているものが残されていることは遺族にとっても心強いものとなります。

40代の場合、自分のことよりも親の終活が気になる年齢でしょう。親世代がエンディングノートに書く内容に関心が高くなることで、自分の先々を考えるきっかけにもなります。

ただ、親子で終活について話すだけでは形として残りません。エンディングノートに記載することで、話し合いながらまとめられるようになります。

ふだんは、親の亡くなった後のことを話題にするのは触れにくいものですが、エンディングノートに書き込むという目的があることで、話がしやすくなるでしょう。

実家の整理や相続について話し合う

先々を見越して実家の片付けや整理、相続についてもある程度話し合いをしておきたいものです。

親が亡くなった後の実家の整理をどうすべきか、話し合っておくのが賢明です。誰か子供が住み続けることができれば、それも選択肢になるでしょう。

誰も済まない場合には、実家の管理・売却も視野に入れる必要が出て来ます。

お葬式やお墓の希望を話す

40代では、お葬式やお墓の希望を明確に持っている人は少ないでしょう。けれども、終活に取り組んでいる親のことを知ると、自分が先々どうすれば良いのか考えやすくはなります。

お葬式のやり方は、本人の望みにそった形で行うのが理想的です。聞けるタイミングがあれば、親の希望も聞き取っておきましょう。

  • 家族葬か、一般葬か
  • 訃報の連絡範囲
  • お墓をどうすべきか
  • 墓じまいをするのか
  • お墓の資金をどうするのか

まとめ

生前整理は早く取り組んだ方が、体力や気力もあり負担が少なくて済むと一般的に言われているのは、想像がつくでしょう。40代で生前整理を始めるのには、一般的なメリットがより大きく感じられる意味あいが強くなります。

また、親世代が終活への関心が高くなる時期と重なることで、生前整理や終活の話題が自然に出やすくなります。

事実、40代で生前整理に関心を持ったのは、親や身内を亡くしたのがきっかけという方も少なくないでしょう。

老後暮らしを始めた親の終活を聞き取りながら、自分の状況を重ねて考えることも多くなります。

生前整理に関心を持つ年齢は、人によってさまざまです。40代であれば、親子で話し合える年齢にさしかかっていることを活かした生前整理の進め方が可能です。

40代の場合は、このようなプラスの効果があると理解した上で、生前整理に取り組んでみましょう。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP