生前整理の進め方について!ポイントや注意点を徹底解説 - 福岡エコサービス

生前整理の進め方について!ポイントや注意点を徹底解説

近年は「終活」という言葉が一般的になり、生前整理をする方が増えてきています。
しかし、いきなり生前整理と言われても「進め方がわからない」という方が多いのではないでしょうか。

進め方がわからないため、なかなか生前整理を始める気持ちになれない方もいるはずです。
そこで今回は、生前整理の進め方やポイント、注意点について解説していきます。

目次

  1. そもそも生前整理とは?
    • 生前整理をする理由について
    • 生前整理をするメリット
  2. 生前整理の進め方について
    • 断捨離を行う
  3. 財産目録の作成
    • エンディングノート・遺言書の作成
  4. 生前整理の進め方のポイント
    • スケジュールを立てておく
    • 体力が必要なモノから片付ける
    • 生前整理業者を利用するのもあり
  5. 生前整理はいつ始めればいいの?
    • 始めるタイミングは自由
    • 区切りのタイミングがおすすめ
  6. 生前整理の進め方の注意点
    • 間違えて必要なモノを捨てない
    • 趣味のモノは取っておく
    • 業者選びを間違えない
  7. まとめ

そもそも生前整理とは?

生前整理とは、元気なうちに身の回りのモノを整理しておくことです。
簡単に言ってしまえば、所有しているモノの処分や保管を決めて実行することを指しています。

生前整理を始めるタイミングは決まっていないため、いつ始めても問題ありません。
終活を意識し始めたら、生前整理を進めていくのがおすすめです。

生前整理をする理由について

生前整理をする理由は、残された家族に苦労をかけないためです。
もし亡くなった場合、何の準備もしていなければ、遺族は遺品整理をするのが大変です。
大切な人を亡くして精神的な負担が大きい時に、さらに遺品整理で負担をかけてしまいかねません。
そこで、生前整理を行っておくことによって、残された家族の負担を軽減させることができるのです。

また、生前整理は自分のためにもなります。
生前整理をすることで、身の回りのモノを整理することができます。
これによって必要なモノだけが残り、身も心も軽くすることができるのです。

生前整理をするメリット

生前整理をするメリットは、「残された家族への負担軽減」と「相続トラブルの回避」の2つが挙げられます。
先ほども紹介したように、生前整理をしておけば亡くなった後の遺品整理の負担を軽減させることができるのです。

また、生前整理で整理するモノの中には財産なども含まれています。
整理しながら遺言書の作成まで行っておくことで、相続トラブルを回避することにつながるのです。

生前整理の進め方について

生前整理の進め方は自由であり、ルールや決まりはありません。
ただ、一般的には以下の3つを生前整理で行います。

・断捨離を行う
・財産目録の作成
・エンディングノート・遺言書の作成

それでは、それぞれの進め方について紹介していきます。

断捨離を行う

生前整理では、断捨離を行うのが一般的です。
断捨離の進め方としては、まずは「必要なモノ」と「不要なモノ」に分けます。
そして、不要なモノについては処分していきましょう。

もし判断に迷った場合には、とりあえず「保留」にしておくのがおすすめです。
そして、一定期間(半年や1年ほど)経過しても使わないなら、処分すると決めておけばスムーズな断捨離ができます。

財産目録の作成

生前整理では、所有している財産についても整理しておきましょう。
進め方としては、まずは所有している財産を明確にします。
そのために、「財産目録」を作成するのがおすすめです。
財産目録には、「現金」「「預貯金」「有価証券」「貴金属」「骨董品」など所有している財産の一覧を記しておきましょう。

ちなみに、借金などのマイナスの財産がある場合、それらもしっかりと記しておくことが重要です。
なぜなら、遺族が財産を相続した後に借金のことを知り、最終的に遺族が借金によって悩まなければならないという事態が起こりかねないからです。
無用なトラブルを避けるために、マイナスの財産についても記しておきましょう。

エンディングノート・遺言書の作成

生前整理には、エンディングノート・遺言書の作成も含まれます。
エンディングノートとは、自分に万が一のことを起きた際に「どうしてほしいのか」「何をしてほしいのか」などの希望やメッセージを書き留めておくノートのことです。

遺言書との違いは、法的拘束力がないことです。
財産の相続などについては遺言書を利用し、葬儀や遺品の譲渡先などはエンディングノートを利用する傾向があります。
亡くなった後のことまで考えて、エンディングノートや遺言書を作成しておくのがおすすめです。

生前整理の進め方のポイント

生前整理の進め方は自由ですが、ポイントを押さえておくことでスムーズな生前整理ができます。
押さえておきたいポイントは、以下の3つです。

・スケジュールを立てておく
・体力が必要なモノから片付ける
・生前整理業者を利用する

それぞれのポイントについて、詳しく紹介していきます。

スケジュールを立てておく

生前整理を進めていく中で、押さえておきたいポイントがスケジュールです。
スケジュールを組まずに始めてしまうと、「今度でいいか」という気持ちになってしまいます。
その結果、なかなか生前整理を進めていくことができません。

大まかなスケジュールを決めておけば、そのスケジュールに沿って行動することが可能です。
そのため、スムーズに生前整理を進めていくことができます。
生前整理の進め方としては、まずは簡単なスケジュールを立てておくことがおすすめです。

体力が必要なモノから片付ける

生前整理の進め方では、体力が必要なモノから順番に片付けていくのがポイントです。
気持ちは若くても、年齢を重ねるごとに体力は減っていくものです。
体力が必要なモノの片付けを後回しにしていたら、いざ片付けようとした時に負担が大きくなってしまいます。

そのため、早い段階で体力が必要なモノは片付けておくことで、片付ける際の負担を抑えることができるのです。
片付けるのに体力が必要なモノは、生前整理を始めてすぐに片付けていきましょう。

生前整理業者を利用するのもあり

生前整理では、業者を利用するのも選択肢の1つです。
身の回りのモノを整理しようと思っても、「あまりにも量が多くて大変」「体力的にきつい」という方もいます。
そのような場合には、生前整理を行っている業者を利用することで、スムーズに生前整理を進めていくことが可能です。

ただ、生前整理を行っている業者の種類は数多くあり、そのすべてが優良業者とは限りません。
そのため、業者を利用する際には、業者選びがポイントとなります。

生前整理はいつ始めればいいの?

生前整理の進め方については、理解できたのではないでしょうか。
しかし、いざ始めようとしても、どのタイミングでスタートすればいいのかわからず行動に移せない人もいるはずです。
そこでここからは、生前整理を始めるタイミングについて紹介していきます。

始めるタイミングは自由

生前整理を始めるタイミングですが、単刀直入に言えば「自由」です。
どのタイミングでも、生前整理を行って問題ありません。

生前整理にルールはないため、自由のタイミングで始めることができます。
終活を意識し始めたタイミングで、生前整理も始めてみてください。

区切りのタイミングがおすすめ

生前整理を始めるタイミングで迷っているなら、区切りのタイミングで生前整理を進めていくのもおすすめです。
例えば、「孫ができたタイミング」や「自分が60歳になったタイミング」、「定年退職したタイミング」などが挙げられます。
事前に生前整理を始めるタイミングを決めておけば、スムーズに生前整理を始めることができるでしょう。

生前整理の進め方の注意点

生前整理では、進め方によってはトラブルに発展したり、後悔したりするケースがあります。
そこで知っておきたいのが、どんなことに注意しておきたいのかです。
ここからは、生前整理の進め方の注意点について紹介していきます。

間違えて必要なモノを捨てない

生前整理を進めていく中で、後悔しやすいのが「必要なモノまで捨ててしまった」というケースです。
とくに、第三者が断捨離に加わってしまうと、必要なモノまで捨ててしまうことがあります。

そのため、本人以外の方も断捨離に加わる場合には、しっかりと確認しながら必要なモノ・不要なモノを仕分けして処分していくのがおすすめです。
また、本人だけで断捨離をする場合でも、勢いに任せて処分するのではなく、しっかりと確認しながら処分していきましょう。

趣味のモノは取っておく

生前整理での注意点としては、「趣味のモノは取っておく」ということが挙げられます。
なぜなら、生前整理が終わってからも人生は続いていきます。
趣味を持っていることで、残りの人生を楽しむことが可能です。

それなのに、生前整理で趣味のモノを捨てしまったとなったら、また購入しなければなりません。
無駄な出費になってしまうため、基本的に老後も楽しめる趣味のモノは残しておくのがおすすめです。

業者選びを間違えない

生前整理を業者に依頼する場合、業者選びを間違えないことも重要です。
業者を利用することで、スムーズに生前整理を進めることができます
しかし、悪徳業者や評判の悪い業者を利用すると、必要なモノまで捨てられてしまうなどのトラブルに発展するケースがあります。
そのため、生前整理を業者に依頼するなら、優良業者であるのかをチェックするのがおすすめです。

ちなみに、優良業者の見分け方としてはホームページが挙げられます。
ホームページで「料金体系」や「企業理念」、「資格」などがしっかりと掲載されていれば、ある程度は信頼することができます。
また、口コミや評判をチェックすることで、優良業者か見分けることが可能です。

まとめ

生前整理の進め方ですが、行うのは「断捨離」「財産目録の作成」「エンディングノート・遺言書の作成」です。
これらを進めておくことで、ご自身が亡くなった後の遺族への負担を軽減させることができます
しかも、財産目録や遺言書があることで、相続トラブルを防ぐ効果もあります。

生前整理の進め方にはルールはなく、始めるタイミングも自由です。
終活を意識し始めたら、残された家族のことを考えて生前整理を始めていきましょう。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP