実家の家具の処分方法!粗大ゴミ・遺品整理・不用品回収を選ぶコツ - 福岡エコサービス

実家の家具の処分方法!粗大ゴミ・遺品整理・不用品回収を選ぶコツ

実家の家具の処分

いろいろな事情から、実家に残されたままの家具を処分しなければならない時があります。慣れ親しんだ家具を捨てるのは、大型で重量もあることから買い替えのタイミング以外ではなかなか計画が立てにくいものですね。しかし、必要に迫られている時には何とかして家具の処分を終えなければなりません。

今回の記事は、実家の家具を処分が必要になるタイミング、実家の家具の処分方法、業者を選ぶコツをご紹介します。都合や時間の制限などに合わせて、最適な方法を見つけてみましょう。

実家の家具の処分が必要になる時

実家の家具

実家の家具を処分を考える時は、ある程度の家具をまとめて処分しなければならないタイミングでしょう。自宅の家具を単品で買い替える際の処分とは異なり、大掛かりなものになるのが普通です。

両親が亡くなった場合

実家の家具の処分で圧倒的に多いのが、両親が亡くなった場合です。将来、実家へ移り住む計画がない場合には、空き家を維持するよりも売却の計画を立てる方もいるでしょう。特に、親が高齢で亡くなられた場合には、それだけ長い人生の中で買い揃えて来た年代物の家具もいろいろとあります。

親が施設に入所する場合

また、親が老人ホームなどの施設へ入所する際にも、実家の片付けが必要になります。施設によっては、ゆとりあるスペースのところもありますが持込できる物にも限りがあるため家具の処分は必要です。

生前整理を行う場合

親が元気なうちに生前整理のひとつとして、家具の処分を進めることも近年では増えてきています。生前整理は、遺品整理と異なり自分の意思で残すものと処分するものを決めることができるため、高齢者だけに限らず中年世代でも生前整理に取り組む方もいらっしゃいます。

親と同居が始まる場合

また、親との同居を実家で始める際には世帯人数が増えることから、実家の家具を処分して部屋の使い方を考え直すこともよくあります。逆に、子どもの家での同居を始める際には、食器棚・テーブルなど自ずと不要な家具も出て来るでしょう。そのために、家具の処分が必要となるわけです。

実家の家具の処分方法

タンス テーブル

ここからは、具体的に実家の家具を処分する方法を紹介します。

自治体の粗大ゴミ回収で出す

実家が近く家具の処分をする時間的・体力的なゆとりがある場合には、自治体の粗大ゴミ回収を利用すると他の方法よりも安く済ませられるメリットがあります。

  1. 自治体へ粗大ゴミ回収の申し込みをする
  2. 自治体の指定場所で粗大ゴミ処理シールを購入する
  3. シールを処分したい家具に貼り指定の収集場所まで持ち込む

家具を持ち込みできる車や人手があれば、直接、ゴミ処理施設へ持ち込むことも可能です。ゴミ処理施設での粗大ゴミの受付時間帯や曜日も決められているので、事前に問合せしておくようにしてください。

収集場所への持込が高齢者や女性などの家庭で困難な場合には、自治体が指定している業者に自宅まで有料回収を利用してみましょう。

遺品整理業者へ依頼をする

親が亡くなった場合には、遺品整理業者に家具の処分の依頼も役立ちます。空き家となった実家を売却しようにも、まずは古い家具の処分が求められるからです。家具をおいたままだと本来の広さよりも狭く見えてしまうデメリットもあるので、家具の処分は不動産の価値を認めてもらうためにも必要不可欠だと言えます。

故人の思い出が残っている家具の数々でも、遺品整理業者なら丁寧で遺族への配慮もしてくれるため雑に扱われる心配を少しでも減らせます。なぜならば、遺品整理業者の中にはサービスの品質が低いところもあるからです。どんな遺品整理業者を選べば良いのかをご紹介しておきましょう。

  • 遺品整理士認定協会の優良企業一覧に掲載されている
  • 遺品整理士が在籍している
  • 口コミや評判の高い業者を選ぶ
  • 見積もりを複数社から取る

不用品回収業者へ依頼をする

一方、不用品回収業者に依頼することももちろん可能です。迅速な対応が可能な業者なら即日対応できるところもあるので、早く片付けたい時にも間に合います。実家へ帰省している期間に回収を希望している時でも対応してくれるので便利です。

遺品という感覚ではなく、不用品という気持ちで家具を処分しても構わないという方には向いているでしょう。ただ、不用品回収業者の中には悪質な業者も存在しているので注意をしておく必要はあります。良い業者を見極めるポイントをご紹介しておきましょう。

  • 見積もり以外の追加料金が発生しない
  • 見積もりの内訳が明確になっている
  • 壁や床などの破損を防ぐ対策を行って回収を行う
  • 複数社の見積もりを取る

リサイクルショップで買取してもらう

もし、ブランド家具や新しい家具が実家にあるのであれば廃棄処分よりもリサイクルショップへの買取を検討してみましょう。お近くのリサイクルショップで出張買取に応じているところやネットの家具買取店の出張買取を利用してみるのがおすすめです。

テーブルやイス、ソファー、棚、食器棚、タンスなどの家具は、大型で持込しづらいものばかりですので、リサイクルショップでは出張買取を強化しています。

家具は、購入から10年以内のものであれば買取対象になることが多いので利用してみる価値が十分あります。ブランド家具だけではなく、ノーブランドでも定番商品の買取は広く行われているので買取を活用しない手はありません。買取金額は、出張買取のその場で現金で支払ってくれるため安心です。

まとめ

実家の片付けに迫られる時、衣類や日用品の処分よりも困ってしまうのが家具です。大型で重量があるものだけに、処分方法をどうしたら良いのか悩んでしまいます。ご紹介した方法なら、緊急度に合わせて業者を依頼することもできるので家具の処分が一気に解決できます。業者への依頼もできるだけ良質なサービスを受けられるようにするためにも、選び方のポイントを抑えて慎重に選ぶようにしましょう。

福岡エコサービス遺品整理センターでは、遺品整理に伴う家具の処分も多くの実績があります。丁寧に扱うことはもちろん、家具の状態によってはその場で買取をすることも可能です。実家の家具の処分でお困りごとがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

遺品整理・生前整理の流れ【業界最安値の福岡エコサービス】

まずはお気軽にお問い合わせください。しっかりと内容を確認し、お見積もり(お見積もりは無料です)にご納得いただきましたら、専門スタッフがお伺いして作業をさせていただきます。

step1


ご相談

step2


お見積り

step3


ご契約

step4


作業開始

step5


作業終了

step6


お支払い

見積り依頼・ご相談などお気軽にご連絡ください
↑スマホの方はタップすると電話ができます
時間外はこちらをご利用ください
24時間受付中!見積り依頼もどうぞ

LINEでのご相談

こちらより簡単にご登録いただけます。LINEでのご相談も承っております。

無料出張対応エリア

無料にて出張見積もりいたします!お気軽にご相談ください。
掲載エリア以外でもお伺いできる場合がございますので、ご相談くださいませ。

[福岡市全域]

福岡市中央区|福岡市南区|福岡市博多区|福岡市城南区|福岡市早良区|福岡市東区|福岡市西区|

[北九州市全域]

北九州市八幡東区|北九州市八幡西区|北九州市小倉北区|北九州市小倉南区|九州市戸畑区|北九州市若松区|北九州市門司区|

[福岡県内一円]

福岡県うきは市|福岡県みやま市|福岡県三井郡|福岡県三潴郡|福岡県中間市|福岡県久留米市|福岡県京都郡|福岡県八女市|福岡県八女郡|福岡県古賀市|福岡県嘉穂郡|福岡県嘉麻市|福岡県大川市|福岡県大牟田市|福岡県大野城市|福岡県太宰府市|福岡県宗像市|福岡県宮若市|福岡県小郡市|福岡県春日市|福岡県朝倉市|福岡県朝倉郡|福岡県柳川市|福岡県田川市|福岡県田川郡|福岡県直方市|福岡県福津市|福岡県筑後市|福岡県筑紫郡|福岡県筑紫野市|福岡県築上郡|福岡県糟屋郡|福岡県糸島市|福岡県行橋市|福岡県豊前市|福岡県遠賀郡|福岡県鞍手郡|福岡県飯塚市

[その他、近隣地域]

佐賀県全域|長崎県全域|大分県全域|熊本県全域|鹿児島県全域|宮崎県一部|山口県全域|広島県一部

 

Copyright© 福岡エコサービス , 2021 All Rights Reserved.


送る

LINE

メール

電話

TOP